迷子猫捜索 in 天草

~熊本県天草市にて忽然と失踪した愛猫を探して~
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 【画像解像度】って何?TOP捜索の手引き ≫ 【画像解像度】って何?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | TB(-)

【画像解像度】って何?


オラも知らねぇ~。

ってな訳で、チラシを印刷する際かなりの重要度を占めてくる画像解像度
調べてみると、業界でも定義が別れるほど複雑なものなんだとか。
それを今回ド素人であるワタクシが少ない知識を絞り出して、無謀にも解像度について
説明していきたいと思います。まずは予備知識として、

【解像度】とは、1インチ(2.54㎝)の正方形の中にいくつピクセルが入るかということ。
つまりピクセルの密度のことを指します。単位は「dpi(ドット・パー・インチの略)」。

【ピクセル】とは、画像を構成する1つ1つの画素・最小単位(px)。

reidai_01.jpg reidai_02.jpg
実際に画像を拡大してみると、いくつもの連続した小さな四角形(画素)で成り立っているのが分かるかと思います。この1つ1つをピクセルと言います。
パソコンなどのモニター上で見るときは72解像度(1インチの中に72画素)
家庭用プリンタで印刷する時は大体150くらい、
商業用印刷機だと250~350必要だと言われています。


A4サイズの解像度300で印刷する場合、計算式は、
縦(3508ピクセル)×横(2480ピクセル)=約870万画素
になりますので、最低でも870万画素の写真であれば綺麗に印刷することが出来ます。

ピクセル数の割り出し方は、
解像度×寸法(㎜)÷1インチ(25.4㎜)

A4サイズ(縦297㎜×横210㎜)だと、
解像度300×寸法(297㎜)÷1インチ(25.4㎜)=3507.874015(四捨五入以下切り捨て)
となりますね。同じように横のピクセルも計算し、それを縦×横で掛けると総画素数が割り出せます。

プリントサイズ別:最適な画素数解像度を300とした場合
ハガキ(約13.5cm×10cmサイズ)で1600px×1200px=約200万画素相当
A5(約21cm×16cmサイズ)で2520px×1920px=約500万画素相当
B5(約24cm×18cmサイズ)で2832px×2128px=約600万画素相当

大は小を兼ねると言いますように、大きな画像を縮小して使う分には問題ありません。
(全体的にぼやけてしまうことはありますが)
反対に小さな画像を拡大して使うと、上記の画像のように粗が目立ち、
モザイクがかかったような写真になってしまいます。


以上ここまでが、なんとか私でも理解できた画像解像度の最低限の知識です。
これ以上やると私の頭がパンクしてしまうので、もっと詳しく知りたい方は、
直接自分で調べてみるか、または印刷業者へ問い合わせてみて下さい。
そして私に教えて下さいm(_ _)m。それじゃぁ、、、、少し休みますか。

∧_∧
( ´・ω・)
( つ旦O
と_)_)

みなさん、お茶が入りましたよ~。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL