迷子猫捜索 in 天草

~熊本県天草市にて忽然と失踪した愛猫を探して~
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 災害時にも役立つ?懐中電灯の選び方。TOP捜索の手引き ≫ 災害時にも役立つ?懐中電灯の選び方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | TB(-)

災害時にも役立つ?懐中電灯の選び方。


普段、野良猫外猫と遇う時間帯は昼間でも普通に出会うので昼間捜索するという考えもありますが、
みっちゃんも含めて迷子になって怯えている猫は、どうやら本能的に付近が静かになり目立たなくなる
夕方~翌朝方に行動することが多いようです。
残念ながらヒトの夜目には限界があるので、懐中電灯は必須の装備品になるでしょう。

そこで、従来の電球型懐中電灯だと電池寿命が非常に短い、衝撃に対して玉切れがある、大きくて重いというデメリットがあります。近年LED(発光ダイオード)の性能向上と普及で非常に省電力・高耐久・コンパクト化された懐中電灯があります。

選ぶ基準ですが【100ルーメン】以上で【光軸シボリ附き】が望ましいです。

大体2000円前後からあります。
【ルーメン】というのは光の強さの単位で、パッケージ表に高々と謳ってあるものから
パッケージ裏の性能表に書いてあるものもあります。
住宅地であれば【120ルーメン】ほどでも充分な印象で、山や藪深い場所であれば【180ルーメン】程度のモデルがいいと思います。
それ以上のモノもありますが冒険家用ほどの強力さで価格もびっくりなのであまりオススメしません。
【光軸シボリ】は光の届く距離調整もありますがとくに住宅地での捜索の場合、
夜中に余分な場所を照らしまくって迷惑をかける確率が劇的に減るメリットもあります。

迷子猫 みっちゃん さんより勝手に転載

捜索をするにあたり、手持ちの白熱電球型では全く照らせないわ・見えないわで不満だったので
勝手にリンク・転載させて頂いた上記文章を参考に懐中電灯を買いに行きました。
と、ゆーわけで、さっそく地元のホームセンターへ。

LED_Light_01.jpg

LED_Light_02.jpg
GENTOS <ジェントス>
【SuperFire XXX:SF-153X3/明るさ:150ルーメン/光軸しぼり付き】


単4電池×3本で最大6時間の点灯が可能。
また、ヘッド部分を回すことで光を拡大~縮小することも出来る。
その他にもスイッチボタンを長押しすると、100%~10%までの明るさが無段階に調光可能になっている。

取扱店によって値段は変わってくると思いますが、
私が購入した時の値段は2480円でした。
sf-153xxx-1large.jpg
長さは13cm程度

sf-153xxx-7large.jpg
電池は単4電池を3本

sf-153xxx-8large.jpg
専用のポーチ付き。

参考までに
sf-153xxx-9large.jpg
ワイド照射:照射距離約7m

sf-153xxx-10large.jpg
スポット照射:照射距離約7m (画像転載元:インターネットランプショップ・アカリセンター)

私は常にこの懐中電灯をカバンの中に入れています。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL